2016年02月10日

ドイツ視察 7日目 森林とサンスーシ宮殿/有料トイレ

S-bahnで市内のNikolasseeにある森林"Berliner Forsten"を訪れた。
その後、ポツダムにある世界遺産のサンスーシ宮殿へ。

th_P9083099.jpg



th_P9083032.jpg
th_P9083045.jpg

森林はドイツ人にとって「聖域」であるところだ。
ここの森林は事業目的で管理されている。
植林している区画や危険な所以外は市民にも開放しており、サイクリングやハイキングをしにくる人が多い。


日本では、国が間伐までしか費用を出さないから、間伐したまま放置されていて荒れてしまっているところが多い。
実にもったいない。

th_P9083042.jpg
立ち枯れている木

th_P9083058.jpgth_P9083057.jpg
若い木々。ここは柵を張って保護している。

事業目的ではあるが、同じ木ばかりを植えたり、一気に伐採したりはしない。
ありのままの森林を維持しながら事業をしている。
だから、枯れた木も切り倒さず、そのままにする。

th_P9083087.jpg
ここはいわば「基地」のようなところ。
事業用の車が留置されていたり、切った木々をストックしている。
色々な木を切るマシンが置いてあった。

th_P9083099.jpg
古い感じがまたいい。

th_P9083103.jpg
th_P9083122.jpgth_P9083123.jpgth_P9083124.jpg
薪が大好きな教授は興奮していた。
この日はあいにくカメラを忘れ、悔しがっていたが、
私が代わりに撮影するよう頼まれたので、細かいところまで撮影した。
実に様々なマシンが揃っていた。


th_P9083133.jpg
帰りは、S-bahnでポツダムへ。

th_P9083135.jpg
非貫通

th_P9083136.jpg
ポツダム中央駅。ぎりぎりベルリン市内ではない。


th_P9083138.jpg
th_P9083144.jpgth_P9083146.jpg
トラムとバス。このダークグリーンのカラーリングは個人的に好き。
バスで世界遺産サンスーシ宮殿へ。

th_P9083154.jpgth_P9083155.jpg
サンスーシ宮殿前に到着。近くの風車と、入り口付近でフルートを吹いている人。

th_P9083157.jpg
th_P9083160.jpg
th_P9083161.jpg
th_P9083163.jpg
綺麗な所であった。

th_P9093197.jpg
ベルリン中央駅に戻ってきた。

ここで有料トイレを視察。
有料なだけあってかなり清潔感がある。

th_P9093198.jpgth_P9093199.jpgth_P9093204.jpgth_P9093203.jpgth_P9093200.jpgth_P9093201.jpg
ドイツだったら駅に行くと良い。
しかし、今思えばよくも怪しまれずに写真たくさん撮れたなぁ...(冷や汗)

th_P9093206.jpg
綺麗な中央駅と小汚い川を目の前にビールを一杯。

th_P9093207.jpg
CDU(保守党)の巨大広告。
この時期は選挙前で、あちこちにビラも貼ってあった。(しっかり撮れば良かったなぁ...)
この手はメルケルの手。
手で三角形をつくる癖があるそうで。
どうみてもイルミナt... おっと誰か来たようだ。

th_P9093209.jpg
ベルリン中央駅上から地下のホームを覗く。
ICE-Tがとまっている

th_P9093210.jpgth_P9093212.jpg
開放的な地上ホーム。
ODEGの車両が走り去る。

7日目終わり
次はU-Bahnに乗ってベルリン自由大学へ...



posted by Gleis 0(グライス・ヌル) at 22:43| Comment(0) | Berlin ベルリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。