2016年01月24日

ドイツ視察 2日目 地域暖房/ランツフートの町並み

2013年9月3日 2日目 フュルト(Furth)

P9032172_convert_20131127225907.jpg
ランツフートの近くにある、フュルト(Furth)という人口3500人の小さな村に行った。
(同じバイエルン州にFürthという町があるが、別物である)


P9032154_convert_20131127223411.jpg
行きに乗ったメルセデスのSUNRIDERというマイクロバス。
大阪で走っていた赤バスと同じ系統だとか。
バス研な方だったら狂喜乱舞だったかも 当時は全くそんなこと知らず...
後ろが荷台になっていて、折りたたみのイスも付いている。(もっと詳細な写真を撮るべきだったな...)

P9032172_convert_20131127225907.jpg
Furth村のオフィスに到着。
この村はドイツ国内で初めて再生可能エネルギー自給率を100%を目標として掲げたところである。
現在は電力の80%と熱の90%を自給している。
詳しくはFurth村のサイトを参照(ドイツ語) http://www.furth-bei-landshut.de/92-0-Energie.html
オフィスで村長さんの村の説明を聞いた後、ウッドチップ暖房施設の見学をした。
Furth村のオフィス前にある建物。ソーラーパネルが敷き詰められている。


P9032171_convert_20131127225032.jpg
テレビ局の人たち。
ドキュメンタリー番組を製作するんだとか。


P9032174_convert_20131127230114.jpg
P9032176_convert_20131127230148.jpg
ガラス張りの建物... ではなく黒いガラスっぽいものは実は全てソーラーパネル。
発電効率よりも見た目重視のものだそうだ。う〜んスタイリッシュ。
コストカット・効率化一辺倒では、格好がつかないことをよく分かっていらっしゃる。
景観も大事なわけです。日本も見習うべきですな。


P9032180_convert_20131127230332.jpg
電気自動車・スクーターとパワーステーション。ソーラーパネルから得た電気を使って、エネルギーの自給自足をしている。
これからウッドチップ暖房施設へ。その前に少し寄り道

P9032184_convert_20131127230809.jpg
これはなんとハイスクール。特にこの地域は教育に特に熱心で綺麗に保っているらしい。
ドイツの学校が全てこんな感じというわけではないので、誤解なさらず。

P9032189_convert_20131127230833.jpg
レゴっぽいお家


P9032192_convert_20131127230859.jpgP9032193_convert_20131127230928.jpgP9032201_convert_20131127231047.jpg
ウッドチップ暖房施設。この地域の8-9割の熱を供給している。
日本では暖房は石油ストーブか電気(エアコン/こたつ/ホットカーペット)ですよね。
日本で熱を供給するという概念はあまりないかと。
何も電気で熱を生み出す必要はないわけで。

P9032209_convert_20131127231310.jpg
次に乗ったバスのは、同じくメルセデスのTOURISMOという大型のバス。
真ん中にも乗降口があり、さらに座席にはフットレストが付いていて、個人的にお気に入りの車だった。

P9032216_convert_20131127231547.jpgP9032217_convert_20131127233922.jpg
「世界の車窓から ドイツ バス編」(笑)


P9032242_convert_20131127234050.jpgP9032243_convert_20131127234137.jpg
ランツフートの中心に戻ってきた。
Altstadt(アルトシュタット)の町並。ああ、なんて綺麗なんだろう。
初日に同じ所に来ていたが、夜だったのでこんなに綺麗だったとはつゆ知らず。

P9032248_convert_20131127234156.jpg
St.Martin(聖マーティン教会)
ここのレンガ建築はドイツで一番、世界でも2番目に高いレンガ建築らしい
高過ぎてフレームアウトしてしまうので、写真撮るのに一苦労した...  

P9042263_convert_20131127235421.jpg
トラウスニッツ城(Burg Trausnitz)
ああ、もううっとり(笑)

P9042259_convert_20131127234409.jpg
トラウスニッツ城の丘までのぼって、そこからの俯瞰

P9042268_convert_20131127235711.jpg
ビールとシュニッツェル。美味しくいただきました。
ビールはWeiß beer(白ビール)だったかな 飲みやすくて美味しかったけど、もっと濃いやつでも良かったかも。

食事の後、教授が駅まで行って切符を買うということだったので、一緒についていった。
ミュンヘン空港からの移動の時に、まともに視察できなかったから良いチャンスだった。

P9042274_convert_20131128005403.jpgP9042275_convert_20131127235830.jpg
Altstadt(中心街)からhauptbahnhof(中央駅)までバスに乗車。連接車だった。
焦り気味だったので何のバスだったかわからず。
それにしてもLCDの表示デザインが格好いい。
日本の一部バスでもこんなデザインのあった気がするが...。

P9042284_convert_20131128000644.jpg
駅に着いて、目の前に止まっていた気動車。オーストリアのザルツブルク中央駅まで行く列車だった。思ったより静かな起動音だった。

P9042286_convert_20131128000703.jpgP9042303_convert_20131128000912.jpg
夜のランツフート中央駅。夜はしーんとしている。

3日目は ミュンヘンへ。

続く


posted by Gleis 0(グライス・ヌル) at 18:30| Comment(0) | Landshut ランツフート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。